画像:東京の景色
画像:東京の景色
ベンチャー・グロース投資活動により
我が国のイノベーションを促進し
国際競争力の向上に寄与。
日本の産業及び社会課題の
解決を目指す。

下にスクロール

背景

会社概要 ABOUT JIC VGI

  • 産業政策に基づくベンチャー・グロース領域への十分なリスクマネー供給と民間事業者との協働を通じて産業競争力の強化に貢献する。
  • 産業変革を促す新技術や新規事業等の発掘及び支援を通じて、
    イノベーションを加速し社会及び産業課題の解決を促進する。
  • 既存産業の枠組みを超えたオープンイノベーションを促進することで、
    イノベーションの社会実装の完遂を目指し、我が国のイノベーション
    エコシステムの発展に寄与する。
  • 政府系ファンドのネットワーク及び触媒機能を活かした案件創出、
    ハンズオン、業界連携等のバリューアップ活動により投資収益を最大化する。
  • 上記の活動を通じて、多様な投資人材を発掘・育成し、厚みと多様性ある我が国のリスクマネー供給の基盤構築に寄与する。
社名 JICベンチャー・グロース・
インベストメンツ株式会社
役員 代表取締役社長CEO 鑓水 英樹
取締役CIO 丹下 智広
取締役 久村 俊幸(産業革新投資機構 取締役)
取締役 福本 拓也(産業革新投資機構 取締役)
監査役 白山 真一
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
設立 2020年7月
資本金 2,000万円

背景

背景

ご挨拶 greeting from ceo

image:CEO

当社は、我が国のイノベーションを促進し、国際競争力の向上と産業・社会課題の解決を目指すことをミッションに掲げ、JICグループのベンチャーキャピタルとして令和2年7月に設立されました。

我が国では、世界に先駆けて高齢化社会を迎え生産労働人口が減少していく中で、既存産業の枠組みを超えたオープンイノベーションを促進し新産業の創出に繋げていくことが重要な政策課題の一つとなっています。

新産業創出の原動力の一つである国内のベンチャーエコシステムは、関係者の長年の尽力により大きな発展を遂げてまいりました。官民が同じ目線で共同し、成長ステージに応じたリスクマネー供給、起業家の発掘と投資人材の育成、ベンチャー企業と大企業との協業深化、ベンチャー企業が生み出した新しい技術やビジネスモデルの社会実装を着実に進めることによって、日本の産業構造及び企業文化により深く根差し、世界有数の規模に成長するポテンシャルは十分にあると確信しています。

当社メンバー一同、産業金融の一翼を担う政府系ファンドに携わるプロフェッショナルとして日々研鑽に努め、使命感とパブリックマインド、謙虚さ、そして情熱を強く持ち、志の高いベンチャー起業家、ベンチャーキャピタル、事業会社、アカデミア、行政機関の皆様と共に、我が国のベンチャーエコシステムの一層の発展に貢献してまいります。

皆様の格別のご指導とご支援を心よりお願い申し上げます。

鑓水 英樹

背景

背景

投資先情報portfolio

    COMING SOON

背景

メンバーmembers

  • 鑓水 英樹Hideki Yarimizu

    ロゴ
  • 丹下 智広Tomohiro Tange

    ロゴ
  • 江口 徹Toru Eguchi

    ロゴ
  • 海北 大輔Daisuke Kaihoku

    ロゴ
  • 浅井 義晴Yoshiharu Asai

    ロゴ
  • 東 健太郎Kentaro Azuma

    ロゴ
  • 小沼 真幸Masaki Onuma

    ロゴ
  • 岸村 俊哉Toshiya Kishimura

    ロゴ
  • 桑原 優樹Yuki Kuwabara

    ロゴ
  • 須加 翔太Shota Suka

    ロゴ
  • 鈴木 はな絵Hanae Suzuki

    ロゴ
  • 谷口 泰明Yasuaki Taniguchi

    ロゴ
  • 辻川 大Dai Tsujikawa

    ロゴ
  • 西田 祥子Shoko Nishida

    ロゴ
  • 浜野 豊Yutaka Hamano

    ロゴ
  • 別府 真由美Mayumi Beppu

    ロゴ
  • 松田 怜佳Reika Matsuda

    ロゴ
  • 向仲 範晃Noriaki Mukainaka

    ロゴ
  • 鑓水 英樹

    代表取締役社長CEO

    国内金融機関において、支店業務、本社営業企画、営業推進、財務企画、経営戦略部門、外資系コンサルティング会社において金融機関・事業会社向けコンサルティング業務に従事。産業革新機構に参画後、幅広いステージ・産業領域においてベンチャーへの投資育成業務に従事。

    早稲田大学法学部卒

  • 丹下 智広

    取締役CIO

    財務系アドバイザリーファームにおいて、価値評価、組織再編、ストラクチャーアドバイス業務に従事。産業革新機構に参画後、投資戦略立案、新規事業投資、海外企業買収、事業部門成長投資(カーブアウト)、ベンチャー・グロース投資、ファンド投資、産業・社会課題解決投資に従事。ロボティクス、DX・AI・IoT・ビッグデータ、インダストリアルインターネット、ICTヘルスケア等の新領域開拓及び大企業連携に従事。

    南カリフォルニア大学卒(Marshall School of Business; BS, Corporate Finance)

  • 江口 徹

    コントローラー

    1997年、安田火災海上保険に入社。中央監査法人、優成監査法人パートナーを経て2015年、産業革新機構入社。会計監査、内部統制監査、IPO支援、M&A支援、投資先企業の実態把握の実務を通じてベンチャー企業を多角的に捉える経験を積む。2020年9月よりVGIに参画。

    東京大学教育学部卒、公認会計士

  • 海北 大輔

    パートナー

    2020年8月よりVGIに参画。INCJ(旧産業革新機構)においては、知財ファンド、医療機器ベンチャーキャピタルの企画、立ち上げ、運営に携わった後、ベンチャー・グロース投資全体の収益、運営管理に従事。また社会課題の解決に寄与し得る、農業、産業分野におけるデジタルトランスフォーメーション及びテクノロジーの社会実装に関するベンチャー投資案件及び投資先バリューアップを主導。それ以前は、凸版印刷にて法人営業、事業開発に従事。ビジネスと技術の交錯領域である知財戦略にバリューを見出し、特許法律事務所にて、日米欧の特許・意匠・商標の出願処理、係争対応、その後にリコ-では企業内弁理士として、知財戦略、知財ポートフォリオの形成及び推進を担当。2005年日本国弁理士登録。

    一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 経営・金融専攻 修了(現 一橋ビジネススクール経営管理研究科 経営・金融専攻)
    一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 経営法専攻 修了(現 法学研究科ビジネスロー専攻)
    北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 情報科学専攻 修了
    東京理科大学工学部第二部卒
    早稲田大学教育学部卒

  • 浅井 義晴

    プリンシパル

    2010年、大和証券キャピタル・マーケッツ(現大和証券)に入社後、一貫して引受業務に従事。バイオベンチャーの公募増資や成長産業のIPOを担当。2018年に産業革新機構(現INCJ)に入社し、AI、ライフサイエンスを含む成長産業に投資。2020年8月よりVGIに参画。

    東京大学大学院新領域創成科学研究科修了、薬剤師、日本証券アナリスト協会認定アナリスト

  • 東 健太郎

    パートナー

    厚生労働省にて、医薬品、医療機器規制の国際調和業務などに従事した後、2013年から京都大学iPS細胞研究所に出向し、iPS細胞応用技術の実用化支援に取り組む。2016年から厚生労働省保険局医療課にて薬価算定・薬価改定を担当。2018年から産業革新投資機構に出向、INCJにおいて、健康医療分野の投資先支援に携わる。2020年9月よりVGIに参画。

    東京大学 修士(薬学)、東京女子医科大学・早稲田大学 博士(生命医科学)、薬剤師
    デューク大学MBA(Health Sector Management、Entrepreneurship、Decision Science専攻)

  • 小沼 真幸

    パートナー

    NTT、Boston Consulting Group等を経て当社参画。当社参画以前は通信/メディア、金融、製造等の企業向けに経営戦略やM&A/組織再編等の戦略の策定・実行、新規事業の立ち上げ等に従事。
    産業革新機構(現INCJ)に入社後、ベンチャー企業への投資および育成/Value Upに従事。2020年8月よりVGIに参画。

    早稲田大学大学院理工学研究科修了

  • 岸村 俊哉

    プリンシパル

    博報堂にて、主に通信・ハイテク・インターネット企業のマーケティング戦略立案、アドテクノロジーを活用したデジタル領域の事業開発、テクノロジーベンチャー企業の戦略投資に従事。2019年、INCJ(旧産業革新機構)入社、ベンチャー・グロース投資およびハンズオンでのバリューアップ支援に携わる。2020年8月よりVGIに参画。
    共著『マーケティング立国ニッポンへ―デジタル時代、再生のカギはCMO機能』(日経BP)

    東京大学工学部卒、東京大学大学院工学系研究科修了

  • 桑原 優樹

    プリンシパル

    2012年、日本総合研究所に入社。通信・メディア・ハイテク産業等における事業戦略策定・研究開発戦略策定・新規事業創出などに関するコンサルティング業務に従事したほか、国の研究開発型ベンチャー支援プログラムの運営にも従事。
    2018年、産業革新機構(現INCJ)入社、スタートアップへの投資や大企業との共同投資による新会社の設立などのベンチャー・グロース投資および投資先のバリューアップに携わる。2020年8月よりVGIに参画。

    東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修了

  • 須加 翔太

    パートナー

    旭硝子(現AGC)に新卒入社後、工場ラインマネジメント、プロセス技術開発、海外プロジェクト、新規事業立上げに従事。その後、Boston Consulting Groupにて、製造業、インフラ、金融機関等へのコンサルティングに携わり、2017年に産業革新機構(現INCJ)に入社。素材化学、産業機械・ロボティクス・DX分野を中心に、ベンチャー投資、カーブアウト・JV組成、事業再編、業界特化ファンド立上げ/LP投資等に従事。2020年8月よりVGIに参画。

    慶應義塾大学大学院理工学研究科修了

  • 鈴木 はな絵

    プリンシパル

    2020年8月よりVGIに参画。2018年に産業革新機構(現INCJ)に入社し、バイオ、デジタルヘルス、航空宇宙等のテクノロジー分野を中心としたベンチャー・グロース投資やベンチャー・大企業での新規事業連携とエコシステム構築等に従事。
    それ以前は、新卒で入社したキヤノンにてインクジェットプリンター開発に従事した後、バイオベンチャーにて抗がん剤の創薬研究、米国での臨床試験をプロジェクトマネジャーとして牽引。
    2019年よりJAXA客員に就任し、宇宙×暮らし・ヘルスケアプラットフォームの立ち上げに参画。

    東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修了、ロンドンビジネススクールMBA修了

  • 谷口 泰明

    パートナー

    みずほ銀行に入社。幅広い業種に跨り中堅中小企業に対するデットファイナンスの提供、事業再生などに従事。2012年、 PwCアドバイザリー(旧プライスウォーターハウスクーパース)入社。主に製造業を中心として、常駐のハンズオン型支援により、顧客の経営企画部(及び財務部)と共に事業再生計画及び成長戦略の立案・実行を主導。2017年、 産業革新機構(現INCJ)入社。モノづくり系スタートアップ(産業機械・宇宙分野など)、及び自動運転ソフトウェアなどで投資及びハンズオン支援を実施。2020年8月よりVGIに参画。

    横浜国立大学経営学部卒

  • 辻川 大

    プリンシパル

    1992年に東芝に入社し、交通事業部において機械構造設計、生産企画を担当。GE横河メディカルシステム(現GEヘルスケア・ジャパン)にて技術・製造・調達部門のファイナンシャルアナリストの経験を経て、2004年に三井住友海上キャピタルに入社。以後、新生キャピタルパートナーズの期間を含む計16年間、ベンチャーキャピタル業務に従事。バイオ・ヘルスケア、ものづくり、ITを核に、素材、半導体、ブロックチェーン、宇宙、エネルギー、農業などテクノロジー系を中心に広範な事業領域への投資を実施。リードVCとして多数のアーリーステージ・ベンチャーのハンズオン支援、バリューアップを経験。2020年9月よりVGIに参画。

    大阪大学基礎工学部機械工学科卒、慶応義塾大学経営管理研究科MBA修了

  • 西田 祥子

    プリンシパル

    アクセンチュア戦略グループにて、主に製造業、通信事業者に対する事業戦略立案、業務改革に従事。その後、通信事業者にて新規事業立ち上げ、新商品/サービス展開を牽引。2018年、産業革新機構(現INCJ)に入社。2020年8月よりVGIに参画。

    慶應義塾大学理工学部情報工学科卒、一橋大学国際企業戦略研究科修了(金融戦略・経営財務修士)

  • 浜野 豊

    パートナー

    エンジニアリング会社にてアジア・中東・北米地域における海外営業、新規事業・海外事業子会社・JVの立上げ、クロスボーダーM&Aに従事したのち、2017年1月に産業革新機構(現INCJ)に参画。INCJでは、ベンチャー投資・支援、大企業からのカーブアウト事業への投資や大企業の新規事業創出・仕組化等の支援に従事。2020年8月よりVGIに参画。

    慶応義塾大学法学部政治学科卒、INSEAD MBA修了

  • 別府 真由美

    パートナー

    2020年8月よりVGIに参画。2014年産業革新機構(現INCJ)に入社、地方発テックベンチャーや大学発ベンチャー他、AI/ソフトウェア、産業機械等様々な領域における投資、バリューアップ、エグジットに従事。関心のある投資領域は、医療(ヘルスケア含む)、子育てや働き方支援、教育等。大学卒業後は日本貿易振興機構(ジェトロ)にて中南米地域の貿易・投資や排出権取引に関する調査を担当し、世界銀行傘下のClean Technology Fundに勤務。

    慶応義塾大学法学部卒業、Tufts University, The Fletcher School of Law and Diplomacy修了(フルブライト奨学生)

  • 松田 怜佳

    パートナー

    アクセンチュアにて小売、金融を中心に業務改革に従事した後、ウォルト・ディズニー・ジャパンにてマーケティング戦略立案、海外事業立ち上げを経て、2015年に産業革新機構(現INCJ)に入社。 INCJでは、医療・ヘルスケア及びAI・ビッグデータ領域を中心に、ベンチャー投資に加え、新規事業創出に向けたプラットフォームの構築、大企業からのカーブアウト、ファンド投資、デザイン思考を取り入れたバリューアップの仕組構築に従事。2020年8月よりVGIに参画。

    大阪大学大学院理学研究科修了、管理栄養士免許取得

  • 向仲 範晃

    パートナー

    INCJ(旧産業革新機構)にて、国内の業界再編、カーブアウト、ベンチャー、海外のグロースキャピタル等の案件に関与。
    それ以前はアクセンチュアにて中期経営計画策定・PMI・新規事業立案、リクルートにて事業企画、三菱UFJモルガン・スタンレー証券にてフィナンシャルアドバイザリー業務に従事。2020年8月よりVGIに参画。

    大阪大学工学部卒

採用CAREER

募集要項

職務 ベンチャーキャピタル業務
職務内容 有望な投資先企業の発掘、評価、投資実行および投資後の支援
待遇 経験・能力等を考慮の上、当社規程により決定します

応募方法

応募方法 履歴書及び職務経歴書をE-mailで下記までお送りください。 書類選考合格者に当方よりご連絡します。
ご応募・お問い合わせ先
採用担当 recruit@j-vgi.co.jp

アクセスACCESS

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-4-1
丸の内永楽ビルディング 21階

大手町駅をご利用の方
東京メトロ 丸の内線 東西線 半蔵門線 千代田線 都営三田線 大手町駅
B1出口直結
東京駅をご利用の方
JR東京駅 丸の内北口 
徒歩5分
東京メトロ 丸の内線 
東京駅 1、3番出口 
徒歩4分

背景

お問い合わせcontact us

お問い合わせは以下のフォームより承っております。なお、「投資に関するご相談」につきましては、お送りいただいた内容を総合的に判断し、検討が可能な場合のみ、1ヶ月を目途に、担当者より連絡いたします。検討が難しいと判断させていただいた場合、詳細についてはお答えできかねますので、予めご了承願います。

001